松下・日立・キヤノン、液晶ディスプレイ事業で提携

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2007年12月25日, 午後 07:00 in canon
0シェア
FacebookTwitter


東芝とシャープ、液晶テレビで提携」から週が明けて発表されたのはこちら。日立・キヤノン・松下の3社は「液晶ディスプレイの事業、技術のさらなる強化、発展を目的に」包括的な提携をおこなうことで基本合意しました。具体的には、現在日立の100%子会社である日立ディスプレイズの株式を、松下・キヤノンが2008年3月31日までにそれぞれ24.9%取得。さらに将来はキヤノンが日立ディスプレイズ株式の過半数を、また松下がIPSアルファテクノロジの過半数をそれぞれ取得することも含めた資本構成の変更を予定しているとのこと。

プレスリリースにいわく、今回の包括的提携によって得られるシナジーは液晶技術をさらに強化して「Woo UTシリーズ」ほかテレビの競争力強化を図る日立、デジタル一眼レフをはじめ各種製品への液晶パネル安定供給および日立と協力して有機ELディスプレイ開発を加速するキヤノン、「主力とするPDP事業の一層の拡大・強化を図ってまいります」がIPSアルファの次期工場建設を中核となって進めることにより「PDPと併せて」VIErAシリーズの強化を図る松下といったところ。キヤノンの「SEDは諦めたわけではない」、松下のプラズマ中心路線は変わらないetcといったコメントはWatchの会見リポートへ。

Read - 液晶ディスプレイ事業における日立、キヤノン、松下の基本合意について
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: canon, hitachi, lcd, panasonic
0シェア
FacebookTwitter