最初の発表から約2年。ヴェイパーハードウェアと呼ばれつつようやく実機が完成、キーレイアウト描き換えのデモも公開されあとはアップデート任せでぎりぎり年内出荷に間に合うはずだったOptimus Maximusですが、土壇場になって出荷延期がアナウンスされました。すでに予約完売した初期ロット「完成品の」出荷時期は2月末。

Art Lebedevからのメッセージによると、Optimus Maximusの要求仕様を満たすコンポーネントとしてPhilipsのプロセッサを採用したものの新製品であったためフィリップス側でも問題が発生、Lebedevのスタッフはドラフト段階のドキュメントに従い開発を続けたもののやはりファームウェアが間に合わなかったとのこと。

現段階でもモディファイアキーでキートップ画像の書き換えといった基本的な機能は実装されているものの、肝心のファームウェアアップデート部分が完成していないため、今出荷してしまうとユーザー側で簡単にアップデートができない状態であると説明されています。

ただここで謝って終わりではないのがレベデフのすごいところで、アップデートで苦労する覚悟があってもとにかく今出荷して欲しいならそれにも応じるとしています。20万円キーボードを(おそらくハードウェア的に)いじる気にならない予約者は2月末まで待てば完成品のファームウェアがインストールされ簡単にアップデート可能な完成品届く予定。大多数の予約者には残念かつ苛立たしい話ですが、半ばお墨付きでいじれると解釈して喜んでいる方も一部にはいらっしゃるのではないでしょうか。