ハッカーカンファレンス24C3にて、任天堂のWiiで自作ソフトを起動する方法が発表されました。Wiiの進化前にあたるゲームキューブにはさまざまな自作アプリが登場しており、Wiiのゲームキューブ互換モードでそうしたソフトを走らせることは以前から可能でしたが、今回発表されたのはWiiの認証システムを破りネイティブモードで非公認ソフトウェアを動かす方法。これにより内蔵無線LANやUSB、Bluetoothといったハードウェアを含むWii本来の能力にアクセスできることになります。

いまのところまだコンセプト実証に近い段階であるため、実演されたのは市販ゲームに当てたパッチからリモコンのセンサーを読み取る簡単なデモのみ。起動可能なLinux DVDや本格的な自作アプリはこれから登場する見込みです。リンク先は発表の動画。