CES 2008以外の場所から大きなニュースが届きました。InsideMicrosoft BlogのNathan Weinberg氏によると、画像はマイクロソフトのモバイル向けOS次期バージョン Windows Mobile 7の内部文書とされるもの。もし本物だとすれば、マイクロソフトは次のWindows Mobileに向けて多数の新たな入力方式を開発しているようです。

新入力方式のひとつはiPhone / iPod touch的な......というよりマイクロソフトが以前からデモしている「Surface」的なマルチタッチ入力。加えてデバイス本体を傾けたり振ったりするモーションセンサー入力、さらにカメラでジェスチャーを認識する画像入力といったものまで。

またスクリーンショットから読み取れるのは、(あまりこうした言い方はしたくないものの) iPhoneに似た新ソフトウェアキーボード、Xbox 360やZuneのようなTwistインターフェースを採用した新メディアプレーヤ画面など。本物のリークだとしても開発中イメージに近いものですが、一部でも導入されることになればWindows Mobile 6から大幅な進化を遂げたOSになりそうです。