CESの前夜祭的イベントDigital Experienceで人だかりを築いていた大物はこれ。ハードコアゲーマー向けのPCメーカーAlienwareが展示していたディスプレイは解像度2880 x 900、しかも継ぎ目がなく視界を覆うよう曲面になっています。ディスプレイとしては液晶ではなくDLP (リアプロ)を採用しており多少の厚みがあるものの、ゲーマーにとって重要な応答速度はエイリアンウェアのスタッフいわく「0.02ms以下」。

ほかのメーカーならあくまでテクノロジーデモであって製品化は......と言葉を濁しそうなものですが、エクストリームなゲーマーPCを販売するエイリアンウェアだけに本当に製品化する(!)とのこと。発売時期は08年後半。価格は教えてくれなかったため想像もできません。詳しくはギャラリーをどうぞ。