ディスコー!ディスコディスコー!!
俺は病院から逃げてきた 統合失調症患者だ!(本当にこう歌っている) というわけで、みんな大好きソニー Rollyが満を持して米国に上陸します。よもやご存じでないかたはいらっしゃらないと思いますが、ローリーはBluetoothに対応した踊るスピーカーロボ。内蔵メモリまたはBluetooth機器からストリーミングされる音楽を解析、移動・回転・左右の腕をパタパタといったモーションに変換して踊ります。付属ソフトウェアでモーションを振り付けすることも可能。はじめて聞くとほぼ確実にびっくりする意外な高音質も特徴です。

米ソニーのプレスリリースによると、米国版は内蔵メモリが2GBにさりげなく倍増。また対応フォーマットが「MP3、非DRM AAC」となっていること、米国ではウォークマンがOpen路線に転向したことからするとおそらくATRAC非対応、Sonic Stage不要の仕様になっていることも考えられます。注目の価格は未詳、発売は春を予定。アメリカならあるいは!