「すべての音には色と形と動きがある」
。というわけで、セガがドリームキャストやプレイステーション2用に販売していたシューティングゲーム 快楽発生装置Rezは新生「Rez HD」としてまもなくXbox LIVEアーケードに登場する予定です。Xbox 360版が発表されて以来必ず挙がっていた質問はオリジナルに同梱されていた「トランスバイブレータ」は使えるのか?というものでしたが、CES中におこなわれたマイクロソフトのミーティングで別のオプションの存在があきらかになりました。

マイクロソフトいわく、オリジナルのUSB接続トランスバイブレータは使用できないものの、XBLA版ではXbox 360の振動コンローラをバイブレータとして使用できるとのこと。しかも操作に使うひとつのほか最大3つまでを設定でき、いろんな場所に押し当てることが可能。ゲームそのものもHD映像・5.1chサウンドになった進化版です。Joystiqのスクリーンショットギャラリーは下のサムネイルから。


ギャラリー: Rez HD (XBLA)