iTunes での映画レンタル開始に伴って、Apple TV も機能強化が図られることが MacWorld 2008 のキーノートで発表されました。初代 Apple TV は「iTunes が動くコンピュータの周辺機器でしかなかったが、みんなが欲しいのはそんなものではなかった」とのことで、今度の Apple TV は単独で動作することが最大のウリになっています。



発表された新機能は
  • iTunes での映画レンタルに対応。$3.99〜$4.99 でDVDないしHDクオリティの映画が観られる
  • YouTube 上の有料番組視聴
  • Flickr との連携
  • HD画質、ドルビー5.1ch での映画レンタル
  • 新しいユーザーインタフェース(「これ以上ないくらいシンプル」)
  • iTunes Store へのアクセス
など。新しい Apple TV は $229 で2週間以内に販売開始、また今ある Apple TV は無料でソフトウェアを更新できるとのことです。