MacBook Airに「証拠」続々

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年01月15日, 午後 08:29 in apple
0シェア
FacebookTwitter

Macworld 2008のジョブズ総帥キーノートでの発表が囁かれる超薄型MacBookについて、名称は「MacBook air」では?という推測が盛んになっています。「There's something in the air」というバナーからはなにか無線関係の新製品という説もあるものの(たとえばWiMAX、Bluetooth iPod、WUSB etc)、MacBook air説の傍証とされるのは:

  • Mac向け統合メッセンジャーアプリAdiumのSparkleログで、「MacBookAir」と名乗るマシンが記録されている。日時は「something in the air」バナーが一般の目に触れる3日前の1月9日。(ログページのGoogleキャッシュ)
  • MacDailyNewsによれば、macbookair.orgドメインはアップルが取得している。
  • DogpileでMacBookAirを検索して出てくるGoogle AdはアップルのMacBookページにリダイレクト
などなど。どれも証拠というには弱いうえに肝心の製品についてはなんのヒントにもなっていませんが、いずれにしても数時間後には真相が明らかになるはずです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, macbook air, MacbookAir, macworld 2008, Macworld2008, rumor
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents