バッファローからeSATA/USB/FireWire接続のRAID0ハードディスク

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年01月17日, 午後 01:46 in buffalo
0シェア
FacebookTwitter


バッファローから、eSATA / USB2.0 / IEEE1394 (FireWire 400) / IEEE1394b (FireWire 800)接続に対応した4ドライブ外付けHDD製品 HD-QSIBSU2/Rシリーズが登場しました。搭載するHDD 4台はRAID 0構成となっており、eSATA接続時に最大200MB/s超の転送が可能。またUSB 2.0接続時には実効転送速度を上げるTurboUSBも使えます(対応OSにTurboUSBドライバのインストールが必要)。

価格 / 容量は1TB (250GB x 4)のHD-QS1TIBSU2/Rが7万4300円、2TBのHD-QS2TIBSU2/Rが10万6300円。1TBのほうは1月下旬、2TBモデルは2月下旬に出荷予定。RAID構成は高速転送用のRAID0 (ストライピング)のみ、他のモードには対応しないとのこと。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: buffalo, esata, turbousb
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents