ソニー mylo COM-2 米国で発売

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年01月26日, 午前 03:03 in com-2
0シェア
FacebookTwitter


ソニーの二代目myloことmylo パーソナルコミュニケーターCOM-2が米SonyStyleで発売されました。初代からの変更点は画面が2.4インチQVGA(320 x 240)から3.5インチ800 x 480タッチスクリーンに、1.3メガピクセルのカメラを追加、無線LANが802.11bに加えてgにも対応、デザインが直線的になったこと。内蔵1GBフラッシュメモリは初代と変わらず、ストレージはメモステDuo / PRO Duoで追加できます。

ソフトウェア的にはNetFrontベースのブラウザ、Flash Lite 3対応、通話アプリSkype、メッセンジャーはYahoo, Google Talk, AIMなど。メディアプレーヤで再生可能なフォーマットはmp3、ATRAC、WMA (DRM 10対応)、AAC(DRM非対応)。動画はMPEG-4 SP/ASPに加えてAVC (H.264) Baselineプロファイルにも対応します(が、最大QVGA 30fps。384/768kbps)。

RSSリーダーも搭載、PodCastにも対応します。ユーザーが(ネイティブ)アプリケーションを追加することはできないものの、「ウィジェット」を追加インストールすることは可能。ウィジェットは当初Google検索やFacebookチェッカーといったものが用意されるほか、ユーザーが作成することも可能とされています。

カラーバリエーションは白と黒。米国価格は$299。28日より出荷予定。実機の印象&ギャラリー記事も参照のこと。米ソニースタイルといえばついに米国上陸が発表されたRollyが気になるところですが、今のところ検索してヒットするのは映画『自殺サークル』のみ( "ROLLY" (ローリー寺西)さんが出演しているから)。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: com-2, mylo, sony
0シェア
FacebookTwitter