先日Windows XP入りの国内版が発売されたAsus Eee PCには発売前から10インチの試作機、あるいは現行サイズのまま8インチまたは8.9インチ画面を採用したモデルなどが目撃されてきましたが、Asusはさらにシリーズを拡大して42インチ版を投入するとのこと。

といっても上の画像のようなお化けノートが登場するわけではなく、「Eee」をミニノートだけに留まらないブランドに拡大しデスクトップ版のE-DT、オールインワン型のE-Monitor、さらに大画面液晶テレビE-TVを発売するという発表です。今年4月から5月に登場するE-DT (Eee DT?)はモニターなしで$200から$300程度を想定したデスクトップPC。当初はCeleronプロセッサを、次の世代ではインテルの低価格PC向けプラットフォームShelton'08 (Diamondvilleプロセッサ+945GCチップセット)を採用します。

E-Monitorは単なるモニタではなく、Shelton'08プラットフォームと19から21型ディスプレイを採用したiMac / XPS One的オールインワンPC。こちらはTVチューナーも内蔵して$499程度とされています。投入時期は9月を予定。問題のE-TVは42インチ以上の液晶テレビと競合するもので、大画面テレビにLinuxベースのPC機能を組み込んだ製品となります。こちらは「同クラスのテレビより$200以上高くなることはない」価格。

Eee PCが当たったからあやかってなんでもブランドに含めてしまう乱暴な話のようにも聞こえるものの、デスクトップはともかくTVチューナー入りオールインワンではEee PCと同じようなインパクトを持てるかもしれません。Linux PC入り大画面テレビもどう仕上げてくるか楽しみな製品です。