隙のない仕様と目を引くデザインでさすがソニエリ!と反響を呼んでいるXPERIA X1ですが、いきなり登場したように思えた理由が分かりました。どこからともなく聞こえてきた情報によると、X1はWindows Mobile界の覇者HTC製端末とのこと。ほんの1年半ほど前に「HTC」ブランドでの自社端末販売を始めたばかりのHTCですが、ODMビジネスも引き続き盛況のようです。

実際の開発プロセスがどのようなものだったか、あるいはどこまでHTC / Sony Ericssonが担当しているかは開発者に聞くしかありませんが、ソニエリデザインで新UIの載ったHTC製Windows Mobileスマートフォンならばある意味理想的といえるかもしれません。