NVIDIA GeForce 8シリーズ、ソフトウェア更新でPhysXに対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年02月18日, 午後 02:25 in ageia
0シェア
FacebookTwitter


NVIDIAのAGEIA買収で注目のPhysX on GeForceについて、The Tech Reportにやや詳しい情報が掲載されています。AGEIAの買収完了と好調な業績が発表されたカンファレンスコールの質疑応答でCEO Jen-Hsun Huang(黃仁勳)氏が語ったところによれば、現行のGeForce 8シリーズGPUはすべてソフトウェアアップグレードによってPhysXのハードウェアアクセラレーションに対応できるとのこと。

NVIDIAはGPUをグラフィックだけではない汎用コンピューティングに使うGPGPU用の開発環境CUDAを発表していますが、現在CUDAベースのPhysXエンジン開発に「大きなリソースを割いて」おり、完成したときはCUDAに対応する世代のGPUすなわちGeForce 8シリーズ以降にソフトウェアアップデートとして提供できるとしています。

ごく一部のゲーマー向けPCにオプションとして用意されていた専用PhysXカードだけではなく、広く普及しているGeForceシリーズで高速な物理シミュレーションが可能になることについて、Huang氏は「(PhysXを利用するソフトウェアの) 開発者が非常に喜んでいる」と語るほか、GeForce GPUの需要をさらに押し上げることも予測しています。

いわく、「われわれが期待しているのは、(PhysX対応が) もっと良いGPUを買おうとするきっかけになることだ。おそらく、SLIのために二枚目のGPUを買う後押しにもなるだろう。そして最高クラスのゲーマーにとっては、GPUの三枚買いをする理由になる。たとえば2枚をグラフィック、1枚をフィジックスに、あるいは1枚をグラフィック、2枚をフィジックスというように。


ニワトリと卵の関係からおまけ程度の扱いばかりでゲームデザインを大きく変えるに至っていない物理シミュレーションが身近になるのは大変喜ばしいニュースですが、ただでさえ最新ゲーム機が何台も買えてしまう値段のGPUをたびたび買い換えているPCゲーマーにとってはなかなか戦慄すべき未来ともいえそうです。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ageia, cuda, gpgpu, gpu, nvidia, physx
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents