いちいち採りあげてはきりがないほど大量に存在している大陸製ニセiPhoneですが、Dragonkicks.comなるサイトが販売しているC-002は自称「99% iPhone クローン」の名に恥じない(恥じるべき?) コピー度です。アイコンや音楽・動画再生画面などをそのまま真似てあるだけでなく、縦持ち・横持ちで画面回転、つまんで拡大・縮小のマルチタッチにも一応対応します。 動画デモは続きに掲載。

しかもそれだけではなく、バッテリーはユーザーが交換可能、SIMロックフリーかつデュアルSIMスロット搭載、外部メモリーカードにも対応。さすがに3Gではなく現行iPhoneとおなじGSM携帯ながらカメラやBluetoothも載せています。BluetoothはiPhoneが対応しない音楽用のA2DPも使えるようです。

「ドラゴンキックス」での販売価格は$239。SIMスロットや交換可能バッテリーは別に技術力の勝利ではなく単に普通の携帯がiPhone的筐体に収まっているからと考えるべきかもしれませんが(プロセッサの画像処理が足りていないらしく、トランジション効果などは露骨に本物以下)、安くてほとんど一緒にみえるならこっちのほうが良いという市場は分かるような気がします。