iPhone / iPod touchの新ファームウェアアップデート v1.1.4の提供が始まりました。すでにiTunesの更新通知を通じて適用できるようになっています。内容としては大きな機能の追加や仕様変更のないバグフィックスアップデートのようです。

iPhone / iPod touch用のネイティブアプリSDKは今年2月の提供開始が予告されていましたが、今のところApple Developers Connectionにはベータ版すら見当たらず。iPhoneは1.1.3ですでにアイコンの再配置や複数ホーム画面、内部的には実行ユーザー変更などアプリ追加に対応しているため、1.1.4は新SDKのための大幅変更というわけではないと考えられます。さて、それより気になるのは

Q. 脱獄できますか?
A. できます。

Mac系姉妹サイトTUAWのEricaさんによると、脱獄済み1.1.3および純正1.1.3のいずれからも問題なくアップデートおよびJailbreakが可能とのこと。ツールは全バージョンアンロック・Jailbreakが可能なZiPhoneを利用。ただしZiPhoneの作者Zibriは完全なテストが終了するまであと数日待ってからの脱獄を呼びかけています。ZiPhoneはもともとiPhoneを想定したツールということもあり、国内の脱獄希望 iPod touchユーザーはしばらく様子をみたほうが良さそうです。Readリンク先は1.1.4のリストアファイル(.ipsw)に直接リンク。
http://www.engadget.com/media/2008/02/iphone-1-1-4-update-pic.jpg