GoogleがオンラインGoogle Appsの新プロダクトGoogle Sitesを発表、サービスを開始しました。Google Sitesはグループで編集可能な共有サイトを作れるサービス。シンプルなインターフェースでブラウザから直接編集できるほか、カレンダーやプレゼンテーション、スプレッドシート、写真(Picasa)など既存のGoogle Appsを横断して簡単に挿入・集約できること、すべてにGoogleアカウントをベースにしたアクセス・編集・公開レベルを設定できるところが売りです。といった説明より上の動画デモを見た方がよく分かります。

Google SitesはGoogleが2006年に買収したWikiコラボサイトJotSpotの技術をベースにしたもの。リンク先NYT記事に引用されているDavid Girouard氏(Google VP,エンタープライズグループGM) いわく、Sitesの立ち上げは「Google Appsそのものの開始以来最大のロンチ」。現在は同一ドメインの企業や組織単位で利用するGoogle Apps Team Editionの一部として提供されています。

Read - NYT記事
Read - Google Sites