HP 2133Acerの新型などEee PCキラーと呼ばれるPCの情報が続いていますが、台湾ECSすなわちElitegroup Computer Systemsからも低価格の小型ノートECS G10ILが登場するようです。Pocket-linkによると、G10ILは11型液晶ディスプレイ、3つのUSB 2.0ポートと内蔵ウェブカメラ、有線LANとモデムに加えHSDPA 7.2Mbps / HSDPAを備え、しかも「$500以下」のノートPCであるとのこと(光学ドライブは非搭載)。

USBポートの数は特定しているのにCPUやプラットフォームの情報がなかったり、「HSDPA / HSUPA内蔵」でも無線LANの有無が不明だったりとあまり要領を得ない情報ではあるものの、年内の登場に向けて準備が進められていることは確かなようです。当初199ドルとされていたEee PCは結局のところ標準仕様で399ドルや5万円だったりしましたが、3Gデータ通信カードを内蔵できて軽量なPCが増えるのはとりあえず良い知らせです。

[本家Engadget]