経産省、iPodの過熱・火花事故についてアップルに究明を要求、厳重注意

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年03月12日, 午後 05:50 in apple
0シェア
FacebookTwitter


アップルiPod nanoの破裂・発火事件は各国で何度か報告されてきましたが(写真は今月米国で起きた事故)、経産省から日本国内での事例が公表されました。今年1月に神奈川で起きた事故は、初代 iPod nano (MA099J/A)を充電中にバッテリー部分が過熱、火花をあげたというもの。人的被害は報告されていないものの、経産省は原因についてアップルに究明を指示しています。

今回公表されたのは、消費生活用製品安全法の規定に基づきメーカーから報告のあった重大製品事故についての資料。iPodの件は「製品起因が疑われる事故」に分類されています。公表資料によれば事故の発生は今年1月8日、報告は3月7日。アップルジャパンは消防署からの連絡で事故を認識しており、また同法に基づく事故報告義務があるにもかかわらず、実際に報告したのは事件を知った経産省から照会を受けたあと。

Tech On!に引用されている経産省担当官によれば、「アップルジャパンには事故報告義務に関する理解の不足があったため、厳重注意した」。原因についてはアップルの調査と報告待ちですが、iPod nanoに限らず充電中の異常には注意してください。

Read - 消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について (経産省)
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, ipod, ipod nano, IpodNano
0シェア
FacebookTwitter