Windows 7は2010年登場

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年03月14日, 午前 08:04 in microsoft
0シェア
FacebookTwitter


意外と早く2009年後半、いや2011年以降だとさまざまな説があったWindows 7の投入時期について、マイクロソフトから回答がありました。Softpediaがマイクロソフトから直接得たという情報によれば、Windows 7の登場はVistaの一般向け提供から三年後(以降)、すなわち2010年1月以降。

Windows 7の開発期間についてはVistaから約3年間のスコープが想定されている、とする公式回答がありましたが、問題はこの3年間をどこから起算するか。Vistaのビジネス向けリリースと考えれば2006年後半から、一般向けGA (General Availability)と考えれば2007年1月以降となります。

今回のコメントはこれを多少明確にしたもので、開発期間については2007年1月から3年の2010年(1月)を目途にしています、というもの。もちろん実際の提供日時については「リリースにふさわしい品質に達したのちに決定されます」。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: microsoft, windows, windows 7, Windows7
0シェア
FacebookTwitter