ウェブコミックPenny Arcade経由Dallas Morning News紙によると、米テキサス州ダラス Rockwall郡の検察官Ray Sumrow氏が公費でゲーム用PCを組んでいた疑いで告発されたとのこと。問題のPCはSumrow氏の勤務するオフィスに置かれており、弁護側の主張によれば「バックアップサーバー」として購入されたもの。

しかし検察側によれば、仕様はHDD 2台、ファン7基、ハイエンドGPUおよびサウンドカード、無線LAN、そしてUVライトで光るケーブル。FBIのフォレンジック専門家Rod Gregg氏による証言では「とても政府機関と関係があるようには見えない」。

Sumrow氏は単に公費でゲーマーPCを購入したわけではなく、オフィスサプライ用の購入費を使ってみずからパーツを買いそろえハイエンドPCを組んでいたうえ、eBayでゲーマー相手に転売して利益を得ていたとされています。職場でゴミのようなPC(ゲーマー視点)を使わされて苦痛という方は1. なにか言い訳を見つけるか私費でアップグレードする。 2.光り物はほどほどに。を心がけましょう。

[Via Penny Arcade]