「デジカメ」「ムービーデジカメ」は三洋電機の登録商標です。
というわけで、ムービーデジカメXactiの新作Xacti CG9が発表されました。HDではなくVGA(640 x 480)までの動画撮影に対応する「小さい方のXacti」新型となり、あらたに有効910万画素静止画撮影、60fps / 6Mbps動画撮影に対応しました(TV-HRモード)。

ズームは前モデルから変わらない5倍ながら、センサーの高画素化と大型化(1/2.5型から1/2.33型)にともない光学系は新設計となっています。(開放F=3.5(ワイド端)~3.7(テレ端) , 8群11枚(非球面3枚6面)。前モデルCG65は開放F=3.5(ワイド端)~4.7(テレ端), 9群12枚(非球面3枚5面))。

重量はバッテリー込み199g。CG65の169gからやや重くなり、本体も多少大型化しています。静止画撮影はCIPA基準で約195枚、動画連続撮影はあいかわらず約70分、連続再生はやや短くなり約160分。さらに丸っこくなったラウンドフォルム、爪の長い指でも操作しやすいボタンやシンプル操作など簡単・安心撮影も売り。発売は4月18日から、予想価格は4万円くらい。とくに防水性能についての記述はなく、CA65とは異なり水中撮影には対応しません。