厚さ4mmのフチが突きだした超薄型&可動式ポートドアという美学のおかげでUSBポートがひとつしかなく、代わりに ワイヤレスUSB内蔵3Gデータ通信 無線LANを使うスタイルを提案してくれるMacBook Airですが、実はさらに3つのUSBコネクタを隠していたようです。

Pong腕時計やらセガVM開発キットでもおなじみのハッカーJohn Maushammer氏によると、MBAのサウスブリッジICH-8はもともと低速 x5, 高速 x2のUSBコントローラを載せた仕様(1コントローラにつき2ポート)。そこで開発者ドキュメントとケースを開けたMacBook Airを比較しつつテスターで調べた結果、USBポート3つ分のピンが生きていることを確認したとのこと。

実際の位置は上の画像を参照。まあピンがつながっていたところで何か接続するためには基板剥き出しのオープンエア状態で運用するかあまり余裕のない内部を引き回すことになりますが、MacBook Airのハックを考えている方には参考になるかもしれません。当のMaushammer氏はMBAの底面をカーボンファイバー素材に換装してさらに軽量化するプロジェクトを進行中。

[Via TUAW]