次期Xbox 360はLite-On製BDドライブ搭載・2008年末登場?

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年04月1日, 午後 10:00 in bd
0シェア
FacebookTwitter

当たるもDigiTimes、当たらぬもDigiTimes。というわけでまたXbox 360の漸進的改良のお話です。台湾のIT業界紙DigiTimesが「関係筋」の話として報じるところによれば、光学ドライブ大手のLite-On ITは次の世代のXbox 360向けBD-ROMドライブを開発しており、2008年の後半からマイクロソフトへ供給を開始するとのこと。

数年前からある「BD搭載Xbox 360」のうわさは東芝のHD DVD事業終息を迎えて「最速5月にも投入可能」説で再燃したり、米ソニー社長がマイクロソフトと協議中と発言すればマイクロソフト側は否定するといった具合ににぎやかな展開を続けていますが、今度はドライブメーカーの名前を登場させた「匿名の関係者」発言がでてきました。ただしLite-On側はもちろんノーコメント。

BDはさておき、2008年末商戦向けのXbox 360についてはCPUだけでなくGPUも65nmプロセス化された新基板「Jasper」の採用という話もありました(元San Jose Mercuryのディーン・タカハシ氏)。今回のDigiTimes記事によれば、次期型のXbox 360はBD搭載のほか電源が210ワットから170ワットのユニットに変更され、サイズの縮小と省電力化・コスト削減を実現するとも書かれています(昨年の「Falcon」からすでに175ワット品が流通していることは指摘しないであげてください)。BD-ROMが読める読めないにかかわらず、DVDゲームがもう少し静かに回る新開発ドライブなら買い換え需要はあるんじゃないでしょうか。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bd, blu-ray, rumor, xbox 360, Xbox360
0シェア
FacebookTwitter