ドイツテレコム、「色商標」を主張してEngadgetにロゴ変更を要求

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年04月2日, 午後 03:09 in breaking news
0シェア
FacebookTwitter



ドイツの元国営電話会社Deutsche Telekomといえば本国はもちろん欧州地域で最大の規模を誇る固定電話事業者であり、米国を含む世界各国でT-Mobileブランドの移動体通信事業も展開している通信企業グループですが、先日そのドイツテレコムの法務部門からEngadgetにお手紙が届きました。内容は「Engadget Mobile」のロゴに対して、同社のイメージカラーでありロゴマークの一部として商標を取得している「マゼンタ」の使用中止を求めるもの。

エイプリルフール記事の掲載が遅れたわけではありません。ドイツテレコムいわく、同社およびT-Mobileはマゼンタを「企業アイデンティファイアー」かつ「コアブランディング要素」として長年に渡り使用しており、世界の多くの地域で携帯・通信に関連したマゼンタ色の使用について商標登録に基づく保護を得ているとのこと。

Engadget編集部一同はドイツテレコムのリクエストおよび消費者・読者のみなさまへ混乱を与える可能性について真摯な検討を重ねた結果、Engadget Mobile以外の各国Engadgetサイトでも背景色にマゼンタを使ってみることにしました。ブラウザで開いてぎょっとしたというかたにはお詫びを申し上げます。(追記:さすがにうるさいので戻しました。ご自分のサイトをマゼンタ化してくれた皆様、ありがとうございます)。

(念のため付け加えれば、ドイツテレコムやほかの有名ブランドが保有している「色商標」は色そのものについて所有権を認められているわけではなく、競合する分野で消費者の混乱を招く場合のみ問題になります。詳しくは昨年の法律講座記事を参照。)


蛇足ながら、Engadget Mobileとドイツテレコムの比較表を掲載します。

Deutsche Telekom
Engadget Mobile
通信事業者である Yes No
通信機器を販売している Yes No
T-Mobile / Deutsch Telekomと混同される可能性 -
No
元国営独占企業 Yes No
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: breaking news, BreakingNews, t-mobile
0シェア
FacebookTwitter