新情報のたびにUMPCだったりMIDだったりするAsus R50 / R50Aの登場時期が明らかになりました。R50は5.6インチ1024 x 600タッチスクリーンと3G/3.5G通信、GPSを搭載する「フルポテンシャル」 UMPC(またはMID)。リンク先DigiTimesに引用されているAsus ノートブック部門GM Tony Chen氏のコメントによれば、R50は今年の6月までに投入される予定であるとのこと。価格は「500ドルより上」。

またLinuxベース(MID)版のほかWindows Vista版も提供されること、11月にはキーボード搭載の新モデル登場といった計画も語られています。MIDとUMPCの区別はインテルの(時期によって微妙に変わる)定義がある一方、Asusは日本でだけ、しかもWindows XP搭載のEee PCを「モバイルインターネットデバイス」と呼んだりよく分からないことになっています。おそらく採用OSおよびユーザーのポケットの大きさで定義が変わるんじゃないでしょうか。