プレスリリースによると、ワイヤレス充電技術のSplashpowerが資金繰りに失敗して倒産、管財人のもとで資産の売却に移るとのこと。

充電台SplashPadの上に載せるだけで携帯電話や音楽プレーヤを充電できるというSplashpowerはケーブルも機器ごとに増えるACアダプタもいらない素敵テクノロジーとして数年前から宣伝されていたものの、さっぱり製品化の話が聞こえてこないまま開発元が倒れてしまいました。

やはり汎用の無接点充電パッドの実現には「充電される機器側も対応しなければならない」が壁となったようです。似ているようで違う技術を使った「ワイヤレス」充電パッド製品としてはWildChargerが出荷中。SplashpowerのR&DやIPを買った企業からコンシューマー向け機器が登場することもまあないとはいえません。