ゲームキューブコントローラに新色ホワイト、新価格2000円

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年04月10日, 午前 06:24 in gamecube
0シェア
FacebookTwitter

任天堂がゲームキューブ用コントローラに新色ホワイトを追加します。仕様は既存のゲームキューブ用コントローラ のまま、ケーブルを1m延長したもの(追記参照)。Wiiで使う場合は天面(横置きなら側面)のパネルを開きゲームキューブコントローラポートに有線接続することになります。

もともとWiiは(ほぼ)完全なゲームキューブ互換性を備えており、バーチャルコンソールゲームにも使えるゲームキューブコントローラはWiiの発売後も併売されてきましたが、本体色を合わせたホワイトは任天堂のWii コントローラページにも掲載されるなど位置づけがやや変化したようです。発売は4月下旬、価格は現行GCコントローラより500円安い2000円。

WiiにはWiiリモコンに接続する拡張コントローラとして「クラシックコントローラ」も用意されています。クラコンがあるにもかかわらず「あまりにも受け入れられなかった」不人気旧世代機コントローラの価格引き下げ&地位向上に踏み切ったのは、やはり血も涙もない売れ行きを示している片面二層アクションゲームで推奨コントローラに認定された効果が大きかったのかもしれません。次はBluetooth接続でスピーカーを内蔵、Wiiメニューが操作できるウェーブバード後継コントローラをお願いします。

追記:初出では従来版GCコントローラと同一仕様としていましたが、ホワイトはケーブルの長さが3mとなっています。手元のGCコントローラを計ってみたら2mくらいなので+1m延長。お詫びして訂正させていただきます。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gamecube, input device, InputDevice, nintendo, wii
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents