Asus Essentio CS5110 Blu-ray搭載ミニPC

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年04月10日, 午後 10:28 in asus
0シェア
FacebookTwitter



AsusがBD対応の高性能ミニデスクトップPC Essentio CS5110を発表しました。Essentio CS5110は20cm x 29cm x 8cmとミニデスクトップのサイズでありながら、スロットインのスリムBDドライブやディスクリート(統合ではない)グラフィックカードGeForce 8600M GTを搭載するなど高性能な製品。HDMI出力や7.1chオーディオ(S/PDIF出力オプション)、リモコン用の内蔵IRレシーバ、さらに802.11n やBluetoothも内蔵するなど、ホームシアターPCやゲーム用としても成立する汎用性とパフォーマンスを両立させた新しいレベルのミニPCと位置づけられています。

基本仕様はIntel Core 2 Duo ~Celeron Dプロセッサ、G35チップセット(FSB ~1333MHz. サウスはICH8)、GeForce 8600M GT 256MB (MXMカード)、最大4GB DDR2 800メモリ(So-DIMMスロット2本)、3.5インチSATA II HDD、スロットインのスリムBDスーパーマルチまたはDVDドライブ、Azalia 7.1chオーディオ、10/100/1000Mbps LAN、802.11b/g/n 無線LAN、Bluetooth 2.0+EDRなど。

二重成形+光沢仕上げの「スタイリッシュ」なデザインも売り。Asusの液晶ディスプレイやグラフィックカードで採用されている画質最適化技術SPLENDIDを搭載しているのも面白いところです。小型PCとして、またメディアセンター用途では特に気になる静音性については「世界初の2-in1 サーマルモジュール」の採用により信頼性が高く静粛な放熱を実現とされているものの、実際のノイズレベルについては「アイドル時23.9dB」の記述のみ。価格や各地域での出荷時期については未発表。

[Via DailyTech]
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: asus, essentio, essentio cs5110, EssentioCs5110
0シェア
FacebookTwitter