プレイステーション3 ポータブル PS3Pを制作してくれた改造魔人Ben Heckの新作は80年代のアップル製コンピュータ Apple IIGSのラップトップ化バージョン。仕様は当時驚異的だったグラフィック&サウンドのために15インチ液晶ディスプレイとステレオスピーカー、やたらと面倒な工程で手作りされたアクリル製キーボード、バックライトで電源とディスクアクセスを通知する ][ ロゴなど。

Apple IIGSはMacBookでも一昔前のPCでもソフトウェアエミュレーションできるビンテージコンピュータですが、わざわざBen Heckが制作している理由は内部に実機の基板を使っているから。ストレージとしては実機でオプション接続できたHDDのかわりにアダプタ経由のCFカードを内蔵します。拡張RAMも当然装着済み。

筐体の総合的なデザインは「80年代当時にデザインされたノートPC」のイメージ。いくら当時のアップルでもヒンジはもう少しマシな設計にしそうなものですが、キーボード手前のスリットはひと目でApple IIと分かる意匠です。Ben Heck師曰わくおなじものは二度と制作しない方針のため今後Apple IIGSノートの依頼は受け付けないものの、なにか新しいアイデアであれば相談に応じるとのこと。