テトリスと腕相撲を融合した新競技Tresling

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年04月16日, 午前 10:11 in chess
0シェア
FacebookTwitter


「Tresling」はテトリスとアームレスリングを融合させなくてもいいのに融合させた新競技。競技団体まで実在するチェスボクシングはそれぞれの競技を交互におこなうルールですが、トレスリングはアームレスリングをしている腕で同時にテトリスも対戦します。操作は前腕部分左右に設置された大きな感圧スイッチでブロックの左右移動、空いた方の腕で別のボタンを押すと回転。

つまり片方に相手の腕を倒してもそこで勝てるわけではなく、お互い一致したりしなかったりする左右方向への動きを二人三脚的に縛られつつ操作することが主体となるようです。意外と成立しているようないないような競技風景は続きの動画をごらんください。人類の進歩と幸福と不幸はすべて混ぜても仕方がないもの・混ぜると危険なものをひたすら混ぜ続けることにあるのだなあ、としみじみ感慨深くなったりはしません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: chess, tetris
0シェア
FacebookTwitter