日本サムスンからUSBサブモニタになる8インチ デジタルフォトフレーム

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年04月18日, 午後 03:31 in digital photo frame
0シェア
FacebookTwitter


日本サムスンから、デジタルフォトフレームSPF-83Mが発表されました。液晶ディスプレイ部の仕様は8インチ800 x 600ピクセル、輝度200cd/m^2、コントラスト比500:1。インターフェースにSD / MMC / MS / CFマルチメモリーカードスロットおよびUSBポート(ダウンストリーム/ホストとアップストリーム/デバイス各1)を備えるほか、64MBの内蔵ストレージを搭載します。表示・再生可能なファイルはJPEG、MP3、MPEG-1、MPEG-4、WMV9。

海外で販売されている一部のモデルと異なり無線LANやBluetooth接続・RSSやWindows Live連動といった機能は搭載しないシンプルなモデルですが、ちょっと変わっているのはPCにUSB接続してセカンダリモニタとして使用できる「Mini-Monitor」機能を備えること。PC側にはFrame Managerソフトウェアのインストールが必要です。システム要件はWindows XP SP2(「以外では動作しない可能性があります」)、256MB RAM、USB 2.0 EHCT(拡張ホストコントローラ)。2.4GHz以上のCPUを推奨。

発売は4月24日、価格はオープン・店頭予想2万4800円。8インチのUSB接続モニタとしても面白そうな製品です。(リンク先はすでに販売中の「SPF-83H」)。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: digital photo frame, DigitalPhotoFrame, samsung, spf-83H
0シェア
FacebookTwitter