ドコモとACCESS、LiMo準拠・ALP対応のオペレータパックを開発

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年04月21日, 午後 05:04 in access
0シェア
FacebookTwitter


NTTドコモとACCESSが、FOMA端末の開発に利用できるオペレータパックの開発開始を発表しました。今回発表されたオペレータパックとは、OSの上で携帯電話の基本ソフトウェアプラットフォームとともに動作することにより、「オペレータ」つまりドコモ独自の各種サービスに対応するアプリケーションソフトウェアのセットを指すもの。具体的にはLinux OS (LiMo仕様準拠)の上で、ACCESSの携帯端末向けソフトウェアプラットフォームALP (ACCESS Linux Platform)と組みあわせて動作することが予定されています。

導入の意義は、FOMAの高機能化・複雑化に伴い上昇している独自ソフトウェア開発の負担を抑えられること。端末メーカーはベースとしてオペレータパックを採用したうえで差異化の部分に注力することができ、従来はドコモや国内限定の仕様に対応できなかった海外メーカーの参入、また国内メーカーの海外進出を促進する効果、そしてドコモにとっては契約者向けに多様な端末を提供できる効果が期待されます。

今回発表されたオペレータパックの搭載は2009年後半より順次進められる予定。ドコモは端末メーカー各社に対して同オペレータパックの導入を「推奨」してゆくとのこと。ドコモ独自サービスの壁で 国内市場を見捨てた 参入を見送っていたメーカーの端末が将来的には利用できる可能性が増すのは魅力的です。ドコモ側プレスリリースの末尾は「なお、Symbian OS向けオペレータパックについても、同様の検討を行っています。」

Read - ドコモ プレスリリース
Read - ACCESS プレスリリース

ドコモプレスリリースより、「今回開発を開始したオペレータパックの利用イメージ」。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: access, alp, docomo, limo
0シェア
FacebookTwitter