末永く愛されているシャープのPDAザウルスにまた新たな対応OSが登場しました。先日の Androidに続いて移植が報告されたのはUbuntu Linux。ノキアが出資するHandheld MojoプロジェクトのARM版ビルドをベースにしたもので、開発者OmegaMoonのサイトではUbuntu 7.04ベースの"Frisky Firedrake" for Zaurus 0.1が公開されています。

0.1というバージョンから分かるように、現在はまだZaurusで起動を確認したという初期の段階。ウィンドウマネージャすら含まれておらず(icewm推奨)、まずはQemu上で各種おまじないを施した後イメージを作成して実機に持ってゆく必要があります。解説とファイルはリンク先の開発者サイトから。

Read - Ubuntu on Zaurus
Read - LinuxDevicesの概説