コダック EasyShare SV710, SV1011 デジタルフォトフレーム 国内発表

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年05月13日, 午後 06:26 in digital photo frame
0シェア
FacebookTwitter

Kodakから、デジタルフォトフレームEasyShare SV710 / SV1011の発売が発表されました。SV710は7インチ480 x 234ピクセル、SV1011は10インチ800 x 480ピクセルのアスペクト比16:9ディスプレイを採用したデジタル写真立て製品(コダック語としては「デジタルピクチャーフレーム」)。それぞれSD / MMC / CF / MS / XDに対応したメモリカードスロットを備えるほか、10インチのSV1011のみ128MBのフラッシュメモリを内蔵します。

ディスプレイはLEDバックライトのアモルファスシリコンTFTアクティブマトリクス液晶に「発光の方向性を制御し明るく鮮やかな色再現を可能に」するというKODAK Light Management Filimをコーティングしたもの。カタログ上の仕様はSV710が輝度200 cd/m^2 ・ コントラスト比 300:1、SV1011が輝度300 cd/m^2 ・コントラスト比 300:1。

コダックが米国で展開しているEasyShareデジタルフォトフレームには無線LANを備えた製品、あるいは新ユーザーインターフェース「タッチボーダー」を採用した機種などが存在しますが、今回発売されるSV710 / SV1011はMOV, AVI, MPEG 1 / 4 動画およびMP3音楽の再生に対応するほかはシンプルなモデル。リモコンは両機種とも付属します。発売は6月中旬、予想価格はSV710が2万円以下、SV1011が3万円以下。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: digital photo frame, DigitalPhotoFrame, easyshare, kodak
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents