USBデバイスをネットワーク共有するUSB Net ShareStation

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年05月22日, 午後 07:02 in iogear
0シェア
FacebookTwitter


IOGEARから発売されたUSB Net ShareStation はローカルネットワーク上でUSB機器を共有する製品。つまり、
  • 手のひらサイズ(5cm角ほど)の本体の一方にイーサーネットポート、反対側にUSB 2.0ポートがついています。
  • イーサネットポートを(無線) ルータに接続、USBポート側にUSB機器を接続します。
  • ネットワークに接続した複数のコンピュータでUSB機器を共有できます。
というデバイスです。イーサネットポートは10 / 100BASE、USBポート側はUSBハブを介して最大4台まで。ストレージのバルク転送モードだけではなくアイソクロナスモードに対応するため、用途はUSBプリンタ共有 (多機能プリンタのスキャナなども使える)、USBメモリやUSB外付けドライブ、あるいはWebカメラ、USBオーディオデバイス / スピーカーの共有など。対応プロトコルはLPR/LPD, DHCP, UPnP、さらにVistaのWindows Rallyもサポートします。

IOGEARの直販価格はUS$80。(※一部の機器は最適なパフォーマンスを得るために(コンピュータへの)直接接続が必要です)という但し書きがあるように転送速度的には期待できませんが、USBデバイス行ったり来たりを防ぐ用途にはなる製品です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: iogear, usb hub, UsbHub
0シェア
FacebookTwitter