「世界初のCentrino Atom / Windows Vista端末」として6月中旬の発売を予定していたウィルコムD4ですが、やはり延期という次第に相成りました。新しい発売(予定)時期は7月中旬。理由は「お客さまに新しいモバイルコミュニケーション体験を万全の体制でお届けするため」。

そもそもなにを考えて6月中旬発売を発表していたのかはさておき、中途半端な状態で無理に出すよりは遅れてでも良い製品になるほうがよほど歓迎できます。率直に言って評価以前の段階だった発表時からひと月あまりでかなり改善が進みハードウェア的にも変更が加えられているとのことですが、せめてバッテリー駆動時間くらいは知って購入できる製品になることを祈ります。