VIA、新ミニノートOpenBookのリファレンスデザインを公開、CCライセンス採用

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年05月27日, 午後 08:37 in breaking news
0シェア
FacebookTwitter


VIAがミニノートPCの新リファレンスデザインOpenBookを発表しました。EverexのCloudBookをはじめ各社から製品化されているNanoBookの後継にあたり、グラフィック性能が向上した新チップセットVIA VX800およびC7M-ULVプロセッサ、8.9インチ1024 x 600ディスプレイを採用します。

そのほか主な仕様はWiMAX / HSDPA / EV-DOなど各種のモバイルブロードバンド形式を選択できる内蔵通信モジュール、USB 2.0ポート x3、4 in 1 カードスロット、200万画素ウェブカメラ、4セルバッテリーで3時間駆動、全重量約1kgなど。

また新たな取り組みとして、ケースデザインのCADファイルをクリエイティブ・コモンズのAttribution-Share Alike 3.0で無償公開することも発表されました。設計のすべてが公開されているわけではないものの、柔軟な通信オプションとともに市場に応じたカスタマイズを容易にすることを目的としています。いわゆる低価格ミニノートではEee PCに押されているVIAベース製品ですが、CCライセンスの採用は非常に面白い試みです。仕様やファイルのダウンロードはリンク先から。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: breaking news, BreakingNews, openbook, via
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents