動画:VIA、Mini-ITX 2.0規格を発表、Crysisデモ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年06月5日, 午後 09:38 in mini-itx 2.0
0シェア
FacebookTwitter


VIAが省スペースデスクトップ向けマザーボードのフォームファクター規格 Mini-ITX 2.0を発表しました。VIAのEPIAシリーズなどでおなじみMini-ITXをアップデートしたもので、VIA Nanoのような低消費電力 x86 プロセッサと組みあわせてハイエンド3DゲームやBlu-ray再生にも対応可能な拡張性を備えます。

Mini-ITX 2.0規格の最低要求仕様はたとえばPCI-Express x16スロット、最低2GB DDR2 SDRAMサポート、チップセット統合でDirectX 9.0 / 外部カードでDX10 グラフィック、6チャンネルサラウンド対応のオーディオジャック x3、ギガビットイーサネットポートなど。続きに掲載した動画はVIA Nano 1.8GHz プロセッサ / CN896チップセット / GeForce 8600 グラフィックカード / 64bit版Windows Vistaの組合せでゲームCrysisを動かすデモ。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: mini-itx 2.0, Mini-itx2.0, via
0シェア
FacebookTwitter