WWDC2008の基調講演にて、サードパーティ製の iPhone ゲームアプリが紹介されました。上はすでに発表されている、SEGA のスーパーモンキーボール。三月の時点では、二週間の開発期間で四ステージしかなかったのが、八週間後には110ステージまで増え、キャラクターも選べるようになっています。

続いて、Pangea Software 製のゲーム「Enigmo」。物理シミュレーションを応用したパズルゲームという、流行りの路線。



もう一本 Pangea から「Cro-Mag Rally」。「三日で移植できた」と、Pangea の Brian Greenstone が証言しています。



Digital Legends Entertainment からは「God of War」的アクションゲーム。9月までにはリリースの予定。





画面はそこそこ魅せますが、どうやって操作するのかは謎。