任天堂、Wiiのストレージ問題に対処へ 外付けHDDは否定

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年06月19日, 午後 03:13 in nintendo
0シェア
FacebookTwitter

バーチャルコンソールやWiiWareを大量購入するユーザーにはすでに切実な問題となっているWiiの内蔵フラッシュメモリ量不足について、任天堂が対応を計画していることがあきらかになりました。


欧州任天堂のマーケティングディレクター Laurent Fischerによると、任天堂はストレージの問題を認識しており、すでに解決に向けて作業を進めているとのこと。具体的な方法については、噂されているような外付けハードディスクなど新しい周辺機器の発売ではないことを強調している以外不明。



Fischer氏といえば、先週のインタビューでこの問題について質問された際 「(困っているのは) ギークやOtakuだけ」と答えて非難された人物。GamesIndustry.bizによる今回のインタビューでは真摯に取り組んでいることを強調するようになりました。一方、今年4月の決算説明会でほぼおなじ質問に答えた任天堂 岩田社長の回答はこれ:
岩田:
 統計的に見ますとフラッシュメモリがものすごく足りないと感じている少数のお客様とかなりスペースに余裕がある多数のお客様がいらっしゃるのは事実です。ただ、最も熱心な方々がそのように不満を感じられているわけですから、どういう方法が一番よいのか、われわれは考えなければいけないなと思いますので研究します。
おなじ内容でも表現でずいぶん変わるものです。実際の対策としてはハードウェアを追加しない以上SDカードからの直接起動くらいしかないような気もしますが、WiiWareやサードパーティー製のWiiチャンネルに備えて早急になんとかしていただきたい問題です。128GBくらいのSSDを載せた色違いのWii本体を発売するのはいかがでしょうか。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: nintendo, wii
0シェア
FacebookTwitter