クリエイティブから高音質化技術・WiFi・スピーカー内蔵のZEN X-Fi

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年06月30日, 午前 08:57 in creative
0シェア
FacebookTwitter


数カ月前から噂されていたクリエイティブの新「ZEN」プレーヤがついに姿を現しました。ファンサイトepiZENter.netが入手したリーク画像と英Creativeサイトのダウンロードセクションから判明したのは、クリエイティブ自慢の高音質化技術X-Fiを搭載した新機種ZEN X-Fi。さらにインスタントメッセンジャーやストリーミングに使える無線LANの搭載も明らかになっています。

ZEN X-Fiの本体は現行のZENとほぼおなじ「カードサイズ」。側面(とおそらく背面)がクローム仕上げになりiPod touchや初代iPhone風になりました。またZENでは4方向+決定ボタンだった部分が9分割になっています。SDカードスロットやマイクを引き続き搭載するほか、ちょっと映像コンテンツを観るときなどに便利なスピーカーも内蔵しています (本体下側面のスリット部分)。

製品名にもなっているX-Fi技術は、音源の圧縮過程で失われた成分を補完するX-Fi Crystalizer、およびヘッドホン使用時に頭内定位を解消する(フロントスピーカーから聞こえているように感じさせる) 「X-Fi Expand」が搭載されます。また無線LANではインターネット上または家庭内のサーバからコンテンツをストリーミングやダウンロードする機能に加えて、やや意外なことにIMクライアントまで用意されるようです。

epiZENterによれば、IM機能はCreativeのサーバを介してYahoo!メッセンジャーやMicrosoft Live! (MSN)メッセンジャーとやりとりできる仕組み。ボタンが9分割になっているのはケータイ風にテキストを入力するため。ユーザーガイドによると、Wi-Fiは内蔵モデルとそうでないモデルが用意されます。

Creativeの公式サイトに記述が見つかっているもののまだ正式発表ではないため、上記の内容は不正確だったり発表までに変更される可能性もあります。ポータブルプレーヤの多機能化はiPod touch (iPhone)がソフトウェアプラットフォーム化して別の次元へ、マイクロソフトのZuなんとかが無線LANと「ソーシャル」をキーワードにした進化を遂げていますが、新ZENもクリエイティブの意地をみせる意欲的なモデルのようです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: creative, zen, zen x-fi, ZenX-fi
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents