(動画投稿サイトにアップされている素人ビデオとおぼしき)「Techno News」によると、自作のロボットアームを用いて常習的に全自動Digg行為をおこなっていた長崎県の男性が地元警察に逮捕されたとのこと。報道(続きに添付)によれば問題のロボットは機械式アームの先端にカメラを取り付けたもので、PC画面上のブラウザを(機械的に)リロードしては光学的に画面を読み取って解析、マウスを操作することにより48時間で3000もの"Digg"に及んでいた疑いが持たれています。

......映像の微妙なクオリティといい「ロボット」の半端さといい、冗談にしてもどこを面白がればよいのかやや難しい動画です。気になるとすればなぜ長崎なのか、Diggマシンを作ると日本のどんな法律に基づいて処罰される設定になっているのか何の言及もない、「犯人」と棒読みアナウンサー役がなにやら似た雰囲気といったあたりでしょうか。