ソニーのCentrino 2 世代 VAIOノートが米国で発表されました。ラインナップは13.1インチでBD搭載可能なVaio Z、13.3インチで豊富なカラーバリエーションなどメインストリームを狙ったSR、16.4インチで16:9アスペクト比のメディア志向ノートFW、15.4インチでビジネス志向ノートBZの計4シリーズ。

なかでも注目のZは3ポンド(1360g)をやや上回る重量ながらオプションでBDドライブを選択することができ、13.1インチで1600 x 900という高解像度ディスプレイを搭載します(さてアスペクト比はいくつ?)。グラフィックは内蔵とディスクリート(GeForce 9300M)を切り替えるVaio自慢のハイブリッドグラフィックシステムを採用。またオプションで計128GBのデュアルチャネル SSDも用意されます。価格は$1800スタート、SSDモデルは$2300くらい。Readリンク先はプレスリリース、ギャラリーは公式の製品画像を120枚ほど。

Read - Z
Read - SR
Read - FW
Read - BZ

ギャラリー: Sony VAIO Z, FW, SR and BZ