サンディスク、ライトワンス・100年寿命のSD WORMカードを発売

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年07月16日, 午前 11:32 in sandisk
0シェア
FacebookTwitter

以前からうわさに上っていたサンディスクのライトワンスメモリーカードがようやく正式発表されました。SD WORM (Write Once, Read Many) カードと名付けられたこの製品は、その名のとおり書き込んだら後から消去や改変が不可能な点が特徴。用途としては警察の捜査記録や裁判の証言など司法機関の証拠保全、あるいは電子投票機やセキュリティカメラ、医療情報、フライトレコーダーなどいわゆる「ブラックボックス」の記録用など、あとから書き換えられては困る目的に使用されます。また「適切な保存環境」に置けば100年保つと謳う記録寿命も特徴です。(上の画像は単なる128MB SDです。念のため)。

サンディスクでは各種レコーダーや医療機器などデバイスメーカーとの提携を進めSD WORMの使用に必要なファームウェアの追加を助けるほか、SDカードアソシエーションに対して標準規格としての採用を働きかけています。現在用意されているSD WORMの容量は128MB。今後はさらに大容量の製品が提供される見込み。サンディスクのライトワンスSDはデジタルカメラ向けの格安使い切りメディアとして量販店やドラッグストアで販売されるらしいという話もありましたが、(まずは) 産業用・アーカイブ向けとして製品化されることになったようです。128MB SD WORMカードの価格は「on request」。

[via 本家Engadget]
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: sandisk, sd worm, SdWorm
0シェア
FacebookTwitter