三洋720p Xactiに高画質化モデルHD800

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年07月30日, 午後 03:58 in sanyo
0シェア
FacebookTwitter


三洋のムービーデジカメXactiに新モデルDMX-HD800が加わります。フルHD系よりは小さい720p撮影モデル DMX-HD700をさらに高画質化させた後継機にあたり、大きく進化したのはXactiシリーズとして初めて3次元デジタルノイズリダクションを搭載したこと。また撮像素子は1/2.5型 738万画素CCDから高速読み出しが可能な約800万画素相当 CMOSセンサーになり情報量は前モデル比1.7倍に増加、さらにフルHD系最新機種とおなじ映像処理エンジン「プラチナΣエンジン」を採用しており、同一ビットレートにおいて前モデルからの大幅な画質向上を謳っています。

38mm~190mmの5倍ズームなど光学系はほぼ前モデルのまま。電池込みの重量は214gから220gと微かに重くなっているものの、低消費電力化により動画連続撮影は約80分(実撮影時間45分)から約90分(同55分)に、静止画は約180枚から約250枚に増えています。発売は8月22日、価格はオープン・実売予想5万円くらい。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: sanyo, xacti
0シェア
FacebookTwitter