Micron Technologyから、「RealSSD」ブランドの高速SSD製品 2シリーズが発表されました。SLCベースでエンタープライズサーバ向けのRealSSD P200は2.5インチサイズで容量16GBから128GB、転送速度はリード・ライトともに最大250MB / 秒というとてつもない数字を誇ります。

もうひとつはMLC NANDフラッシュベースのコンシューマノートPC向け製品 RealSSD C200。1.8インチ版で32GBから128GB、2.5インチ版は最大256GBの容量を備え、転送速度はリードが最大250MB /s 、ライトが最大100MB / sとこちらも強烈です。たとえば高速かつ割安なSSDとして話題のOCZ Core (MLCベース)は公称120MB(読み) / 80MB(書き)。RealSSD P200 / C200ともに量産は今年Q4を予定しており、LexarブランドからはRealSSDアーキテクチャのコンシューマー向け製品が登場する予定です。