ジョブズ、MobileMe導入の失策を認める

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年08月5日, 午後 01:19 in apple
0シェア

アップル、MobileMeの不調と偽プッシュを認め謝罪、無償期間を30日間延長」(7月17日)、および「アップル MobileMe 引き続き不調、メール消失も」(27日)の続報。iPhoneやMac, PCのメールや予定、連絡先をネットワーク上の「クラウド」経由プッシュで自然に同期できるというふれこみで始まったMobileMeですが、ちゃんと同期しない・まれにメールが消えるといった不調が続いていたのはすでにお伝えしたとおり。ars technicaが入手したというアップルの社内向けメールによれば、 ジョブズCEOはMobileMeの導入計画に誤りがあったことを認め、失敗から学ぶことを全社に呼びかけたとのこと。

いわく、「MobileMeをiPhone 3G, iPhone 2.0ソフトウェア、App Storeと同時に立ち上げたのは誤りだった」「われわれはみな取り組むべきことが多すぎた。MobileMeについては延期しても問題はなかった」。MobileMeそのものについても全部入りのサービスとしてではなく、まずデバイス同期を提供してからウェブアプリを公開するといった段階的なリリースをおこなうべきだったとしたうえで、「MobileMeの立ち上げは、われわれにはインターネットサービスについて学ぶことがさらにあることを明確に示してくれた」。「われわれは学ぶ。MobileMeのヴィジョンはエキサイティングかつ野心的なものであり、今年中にはわれわれ全員が誇るべきサービスにすべく取り組んでゆく」。

と引用してみましたが、あくまで対外発表ではなく内部向けメールとして送信された「らしい」文書という点に注意してください。ただ7月25日付けからはじまったMobileMeのステータス報告も「ジョブズが書けと言うので」で始まっていること、またMobileMe担当チームはアップルのインターネットサービス全体を統括するEddy Cueに直接報告するよう組織変更があったという話もあり、MobileMeの現状をジョブズ総帥も重く観ていることは確かなようです。

おまけ
 

広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

 

関連キーワード: apple, mobileme
0シェア