携帯関連の早耳サイトBGRより、うわさの「HTC Dream」かもしれない未確認の端末でAndroidを走らせている動画。Googleが音頭を取ったAndroidは特定のハードウェアに限定されないオープンな携帯プラットフォームという位置づけですが、コードネーム「Dream」は内部で開発やOHA参加企業へのプレゼンに使用されてきた端末のひとつとされています。

40秒ほどの短い動画から確認できるのはすでにSDKが配布されているAndroidソフトウェアと、画面部分が横に(ポートレイトで持ったときの右側に)スライドして親指打ちのフルキーボードが現れる点 (および撮影者が暗黒卿っぽいこと)。ディスプレイ部とボタン・トラックボール部が分割されているデザインは2月にアンディ・ルービン氏がモバイル版ストリートビューやQUAKEなどを披露した際の端末とほぼ同一に見えます。単に2月の時点ではスライドして見せなかっただけかもしれません。HTCのAndroid端末は年内にも登場する予定。

[Via Boy Genius Report, 本家Engadget]