OCZ Core SSDに最大250GBのV2モデル登場、さらに高速化

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年08月16日, 午前 12:11 in core
0シェア
FacebookTwitter


高速で(比較的) 安価なSSDとして話題を呼んだOCZのCoreに上位版Series V2が発表されました。無印Coreとの差は容量 250GBモデルが加わったこと、転送速度がリード/ライト最大143 MB / 93 MB(秒)から170MB / 98MBへ、シークタイムも「0.35ms以下」から「0.2ms ~ 0.3ms」とさらに高速化したこと、筐体にミニUSB 2.0端子を追加してファームウェアのアップデートやデータの転送が可能になったこと。

150万時間のMTBFやメーカー2年保証については無印と変わりません。無印Coreが発表されたのはつい先月の7月1日、実際に出荷されたのは月末近く、地域によっては現在も入手難の状態です。現在のところは製品ページでも無印Coreと並んで別の製品として扱われていますが、今後も並列して出荷されるのかV2に置き換わるのかは分かりません。OCZ Technologyグループ CEO Ryan Petersen氏のコメントは「OCZはSSD技術の進歩とともにより優れた最新のソリューションを提供しつづけ、顧客が常に最先端にいることを保証します」。価格については情報なし。

[via DailyTech, 本家Engadget]
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: core, ocz, ssd
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents